ループタイ

皆さん、ループタイってご存知ですか??

ループタイは、海福雑貨オリジナルの中でも定番のアイテムです。

時計ループタイ時計ループタイ「Orologio」
アンモナイトループタイアンモナイトループタイ「Archaeologist」


海福雑貨の女将、KANNAの手により、時計ループタイシリーズ「Orologio」、アンモナイトループタイシリーズ「Archaeologist」などが日々創り出されています。

海福雑貨オリジナルのループタイについては、海福雑貨通販部で沢山ご覧になれます。



昆虫バージョン時計ループタイ「Orologio」昆虫ver.
基盤バージョンアンモナイトループタイ「Archaeologist」基盤ver.


さて、そもそもループタイって何でしょうか?

ループタイは、「ポーラー・タイ」とも呼ばれます。紐状のネクタイのようなモノで、元々は略礼装に用いられていました。

ループタイが最初に姿を現したのは、1973年のこと。

この年の夏、「省エネ・ルック」が流行し、ネクタイの替わりに着用されたのが始まりだと言います。ループタイはシニア層に受け、大流行。

最近ではその手軽さとレトロ感が見直され、シニア層だけでなく若者向けのループタイも沢山登場してきています。

数年前は、ループタイを付けて出かけると「なにそれ?」「おじいちゃんが付けるやつじゃん!」

などと言われる事が多かったですが、最近では普通に「お洒落」と言ってもらえるようになりました(笑)



「こんなモノ置いてます!」に戻る
海福雑貨twitterアカウント
海福雑貨Facebookアカウント

ページトップへ戻る