ローマングラス

ローマングラスは海福雑貨通販部でも取り扱っています。

青くてキラキラした、綺麗な硝子の破片。

表面は虹色に輝き、複雑な表情を見せてくれます。

飾ってもよし、アクセサリーの材料にしてもよし。

海福雑貨では、ローマングラスも多く取り扱っています。

アクセサリーとして使用された例は、KANNA緑荳胡同さんの作品に見られます。

ローマングラスとは、ローマ帝国の時代に作られ、ローマ帝国領内で使用されていたガラス製品全般を指します。「ローマガラス」と呼ばれることもあります。

孔雀色に輝く、ローマングラス孔雀色に輝く、ローマングラス
細部まで及ぶ、複雑な光の反射細部まで及ぶ、複雑な光の反射


その時期は、厳密にはローマで帝政が始まった紀元前27年からローマ帝国が東西分裂をしてしまう395年までの約400年の間に作られたもの、とされています。ですので、1600年〜2000年も前の古いモノなんですね。

ローマは、それより以前から栄えていましたが、なぜ帝政の時代がローマングラスの時代なのかというと・・・

ちょうど帝政が始まる頃、シリア・エジプトといった主要なガラスの産地がローマ帝国の領土になった事が関係しています。(エジプト香水瓶にも、ちょっと関係しています。)

技法的にもちょうどその頃、従来よりも画期的に効率の良い吹き技法が発明されて、一気に沢山のガラス製品が生産されるようになり、ローマ帝国内に広まっています。

ローマングラスと言っても、色は様々。ローマングラスと言っても、色は様々。
小さいサイズのローマングラス。小さいサイズのローマングラス。


ローマングラスのキラキラの部分、つまり銀化した部分についてですが、これはガラスが土や砂の中に長い間埋もれていた場合に発生します。

ガラスの成分が周りの土に含まれる鉄や銅、マグネシウムの成分と化学変化を起こすのです。

埋もれている時間が長いほど、銀化した層が多く重なって光の反射も複雑になり、綺麗になっていきます。

かつては器の一部だったであろう、欠片かつては器の一部だったであろう、欠片
きっとお気に入りが見つかりますローマングラス6


ちなみに、ローマングラスを含むこうした銀化ガラスは、人工的には作れないのだそうな・・・

それもまた、ロマンがあって良いですね。

ちなみに、海福雑貨で扱っている古い瓶の中には、薄い膜状に銀化したモノもあったりします・・・

ローマングラスよりはだいぶ新しい瓶ですが、それでも100年以上は前のもの。是非、探してみてください。



海福雑貨で取り扱っているローマングラスについては、一部が海福雑貨通販部にてご覧になれます。

海福雑貨では、「古い硝子モノ」としてはローマングラスの他に、ウラングラスも取扱っております。

「こんなモノ置いてます!」に戻る

海福雑貨twitterアカウント
海福雑貨Facebookアカウント

ページトップへ戻る