2006年3月----------店名決定

2006年3月。
あの「思いつき」から2ヶ月。

雑貨屋さんを始めよう、
というのは決まっていましたが
具体的にどんなお店にしたいかという部分は
まだ詰め途中。

この頃の僕は、どちらかというと
好きなモノを集めて、自分の大好きな空間を
造りあげることがしたかったのです。

クラフト市などで出会う作家さんたちの作品を
置いてもらう、というのは決まっていました。

ただお店をやるだけでなく、モノ作りをする人たちと
一緒に影響し合いながら成長していきたい。


でもそれだけじゃなくて、
とにかく色々なモノを
かき集めてきて並べてみたい・・・

自分がやりたいのは
クラフトショップ?
雑貨屋?
それともギャラリー?

この際カテゴライズは無意味だと感じました。
とにかく、雑多なモノを置きたい。
だから、店名には雑多なモノ、
という意味での「雑貨」をつけよう。

自分のお店だから、店名の一文字目には
自分の名前を入れよう。

自分も含め、お店に関わる人みんなが小さな幸せを
感じられるようにしたいから、「福」の字を入れよう。

シンプルに、「海福雑貨」。

こういう流れで、
まずは店名が決定したのでした。


「海福雑貨の沿革」に戻る

もっと詳しく、話を聞きたい人は・・海福雑貨へ仕事旅行

海福雑貨twitterアカウント
海福雑貨Facebookアカウント

ページトップへ戻る