2009年9月----------海福族、移住開始

海福雑貨の遥か西方、
大きな山の麓の森の中。

ここで産まれる奇妙な妖精がいます。

その名も「海福族」。
身体は基本的には陶で出来ており、
丸く、つやつやした外見が特徴です。

なぜ、「海福族」なのか。
それは、僕が産みの親だからです。

僕はその地を訪れるたび、
海福族」を産みたい衝動に駆られます。
気が付くと土を手に取り、
みるみるうちに彼らが産まれてゆくのです。

そう、まるで
何かに取り付かれたかのような作業。

僕はそれまで、
海福雑貨には個人的な愛玩用として
海福族」を連れてきていました。

しかしある日、状況は一変します。
海福雑貨の棚の奥にワームホールが開いたのか、
それとも、はるばる旅をしてきたのか・・・

海福族」の一団が、
ついに海福雑貨に到達、定住を開始したのでした。
先に連れて来られていた「主神」と「重鎮」たちが
若者たちを呼び寄せたのが、原因と見られています。

そしてこれ以降、
次々と「海福族」は移住を続け、
「主神」を中心としたコミュニティを形成していったのでした・・・


「海福雑貨の沿革」に戻る

もっと詳しく、話を聞きたい人は・・海福雑貨へ仕事旅行

海福雑貨twitterアカウント
海福雑貨Facebookアカウント

ページトップへ戻る