2013年7月---------------初の海外直接仕入れ、決行!

開店から6年が経ち…
海福雑貨が扱うモノの種類も量も、
だんだんと増えてきていました。

作家さん達の作品、古いモノ輸入品の数々。

大体は一点もので、
「海福雑貨に来れば面白いモノがある」
というイメージも、すっかり定着してくれていました。

これらの中には
海福雑貨の女将をはじめ、
材料の仕入れで海福雑貨に来てくれる作家さんたちの
作品の一部として活きるものも沢山あります。

材料系の目玉の一つが、時計のジャンクパーツ
もう動かなくなった、古い時計の一部です。
これをバラして、アクセサリーの材料に
したり、オブジェの材料にしたり…
とにかく色々と使えるのです。

この時計のジャンクパーツ、国内だけでなく、
海外からも定期的に仕入れていました。

偶然にも僕の従兄弟が米国東部の、
かつて時計の街として知られた場所に住んでいて、
現地で出たジャンク品の仕入れを仲介して貰えていたのです。

このルートから出てくる時計のジャンクパーツには
国内で出るものに比べて珍しいものが多く、
良いグレードの、しかもとても古いものが沢山手に入りました。

これは、直接現地に行って
自分たちの目でも色々探したら、
面白いことになるかもしれない…!


そう思ったが吉日、
早速飛行機のチケットを取り、
お店を始めてから初となる、
海外直接仕入れを決行することにしたのでした…!

メールや電話のやりとりでの
海外仕入れ先は他にも何カ所かあったのですが、
自分たちが実際に日本から出て現地に行った事は
それまで、ありません。

…さあ、どうなる!?


「海福雑貨の沿革」に戻る

もっと詳しく、話を聞きたい人は・・海福雑貨へ仕事旅行

海福雑貨twitterアカウント
海福雑貨Facebookアカウント

ページトップへ戻る